子鉄と一緒。~かえでのママ鉄ライフ~

ママ鉄2年目。関西中心に、電車スポットや鉄旅ログなどを記録します。

子鉄におすすめ!ポプラ社の350シリーズ3選

こんにちは、ママ鉄のかえでです。

息子が子鉄になったきっかけは、You Tubeですが、さらに鉄道にハマったきっかけは、ポプラ社の350シリーズでした。今回は、ポプラ社の350シリーズの中で、特に子鉄におすすめの3冊をご紹介したいと思います。

 

ポプラ社350シリーズ、子鉄向け3選

今回ご紹介する3冊は、いずれも「のりものたんけんたい」シリーズの写真絵本です。どの本も写真がいっぱいで、お子さんだけでなく大人も楽しめました。また、ボードブックになっていますので、折れなど気にせず読むことができます。

のりものパレード100

まずおすすめするのが、のりものパレード100です。陸・海・空の様々な乗り物が紹介されており、乗り物に興味を持ち始めたばかりのお子さん、鉄道以外の乗り物も見せたいお子さんにおすすめです。

鉄道からは新幹線・観光列車・SLなど、空の乗り物からは飛行機・ヘリコプターなど、そして船の仲間からは大型船からアヒルボートまで乗っています。

はたらく車は乗っていませんので、車が好きなお子さんには、こちらのはたらくくるまパレードがおすすめです。

しんかんせん しゅっぱつ!

次におすすめなのが、しんかんせん しゅっぱつ!です。こちらは、その名のとおり、日本全国の新幹線が乗っています。100シリーズとは異なり、写真だけでなく簡単な解説なども乗っているので、もっともっと新幹線のことを知りたいお子さんや、大人にもおすすめの1冊です。

2020年4月に発刊のため、MAXときや、現美新幹線、とれいゆつばさなど、すでに引退してしまった新幹線もみることができます。

でんしゃパレード100

最後におすすめするのは、でんしゃパレード100。その名の通り、電車を紹介している1冊です。関東から関西までの電車や地下鉄、さらにはモノレールなどの電車が紹介されています。

こちらには解説がついていませんが、全国各地の100の電車を見ることができるので、いろいろな電車に興味が出てきたお子さんにおすすめです。また、特に関東・関西にお住まいの方は、街を走っている電車が乗っていますので、「これ、見たことあるね!」とお子さんとお話したり、また、実際に見に行ったりと、活躍すること間違いなしの1冊です。

(参考)そもそも、ポプラ社350シリーズとは?

ポプラ社が発刊している、350円(税抜)の絵本・写真絵本のシリーズです。

今回紹介した「のりものたんけんたい」シリーズ以外にも、「はじめての世界名作えほん」シリーズや、「はじめてのいきものえほん」シリーズなど、子供向けの絵本・写真絵本のラインナップがあります。

ワンコイン以下で購入でき、またシリーズによってはボードブックになっているので、小さなお子さんでも、気軽に読むことができます。また、小さなお子さんでもページがめくりやすいのが特徴の1つです。B5サイズなのでお出かけにも便利です。
(息子の場合は、1歳半くらいから自分で読んでいました。ページが重なってしまうことはありましたが、特に問題なく使用できていました)

インターネット・書店などで購入できます。

 

以上、今回はポプラ社の350シリーズを紹介いたしました。

ぜひ、お子さんと一緒に、絵本でも鉄道を楽しんでくださいね。